中国茶はどこで何が作られる?4つの茶区とおすすめ銘柄10選! | CONSENT

中国茶はどこで何が作られる?4つの茶区とおすすめ銘柄10選!

中国茶

中国全土で生産されている中国茶。その数は1,000種類以上とも言われています。

そんな中国茶ですが、主に生産されている地域を4つに区分して表すことが多いです。

ここではその4つの生産地区(茶区)と、それぞれに生産されているお茶の種類、そして中国を代表する銘柄について書こうと思います。

スポンサーリンク

生産地区の4区分

中国茶の主な生産地区は、中国の中心部を流れる歌でも有名な長江(揚子江)を挟んで、北側の地区を江北区、南側の地区を江南地区、東シナ海沿岸部を華南地区、内陸部を西南地区として、4つに区分されます。

その4茶区についてご紹介します。

江北茶区

この茶区には、山東省、河南省、陜西省の南部、甘粛省、湖北省の北部、江蘇省の北部が含まれます。

中国のお茶の栽培としては最北端に位置する地域です。

主に生産しているお茶としては、山東省の緑茶、河南省の緑茶・紅茶、陜西省の緑茶、甘粛省の緑茶、湖北省の緑茶・黒茶・紅茶、などがあります。

江南茶区

この茶区には、安徽省の南部、湖北省の南部、江蘇省の南部、浙江省、江西省、湖南省、福建省の北部が含まれます。

気候が日本に近く、お茶の生産に適した気候で、中国で最もお茶の生産量が多い茶区です。

安徽省の黃山、浙江省の天目山、江西省の盧山、福建省の武夷山と言った有名なお茶の産地もこの茶区に含まれます。

主に生産しているお茶としては、安徽省の緑茶・黃茶・紅茶、江蘇省の緑茶・紅茶、浙江省の緑茶・黃茶・紅茶、江西省の緑茶・紅茶、湖南省の緑茶・黄茶・黒茶・紅茶、などがあります。

華南地区

この茶区には、福建省の南部、広東省、広西チワン族自治区、海南省が含まれます。

中国のお茶の栽培としては最南端に位置する地域です。

気温も温暖で、お茶の栽培に適した地区です。

日本でもおなじみの烏龍茶(ウーロンチャ)の産地としても有名です。

主に生産しているお茶としては、福建省の緑茶・白茶・青茶・紅茶、広東省の緑茶・青茶・紅茶、広西チワン族自治区の緑茶などがあります。

西南地区

この茶区には、重慶市、貴州省、四川省、雲南省の北部が含まれます。

中国の内陸部に当たるため、寒暖差の厳しい地域です。

主に生産しているお茶としては、重慶市の緑茶、貴州省の緑茶、四川省の緑茶・黒茶・紅茶、雲南省の黒茶・紅茶などがあります。

おすすめ銘柄10選

1.緑茶のおすすめ

・獅峰龍井(しほうろんじん)

中国緑茶の代表格。産地は浙江省杭州市で、非常に高価でなかなか手に入らいないお茶です。
芳醇で深みのある味わいは格別です。

・黃山毛峰(こうざんもうほう)

産地は安徽省黄山市で、さわやかな甘味と、深い旨みがあり、口の中で清らかな香りが漂います。
食後や、朝の目覚めのお茶として最適です。

西湖龍井(せいころんじん)

皇帝に献上されていた程の銘茶の呼び声が高いお茶。産地は浙江省杭州市です。上品な香りと、深く甘みのある味わいが特徴です。

2.白茶のおすすめ

・白毫銀針(はくごうぎんしん)

長い歴史を誇る白茶の代表格。福建省の福鼎市と政和県の2箇所で作られています。茶葉が特徴的で、産毛に覆われて芽が太く、白色の光沢がある針のような形です。まろやかな旨味があり、低めの温度で淹れるのがおすすめです。

3.黄茶のおすすめ

・君山銀針(くんざんぎんしん)

黄茶を代表する銘柄。産地は湖南省岳陽市で、ほのかにいぶしたような香りとさわやかな甘い香りが特徴です。味も柔らかい甘みを感じます。
生産量もごく僅かで、貴重なお茶です。

4.青茶のおすすめ

・安渓鉄観音(あんけいてっかんのん)

金木犀のような甘い香りのするお茶で、手軽に淹れることができるため、中国茶ビギナーにおすすめのお茶です。
産地は福建省安渓県です。

・武夷岩茶(ぶいがんちゃ)

世界遺産でもある武夷山の、険しい岩場で自生している茶木からとれる銘茶です。深くまろやかな味わいで、岩韻(がんいん)と呼ばれる独特の後味が印象的です。産地は福建省武夷山市です。

・鳳凰単叢(ほうおうたんそう)

産地は広東省湖州市で、この地にある鳳凰山の山奥の一株の茶木ごとに摘む茶葉で作られています。花や果物の豊かな香りが特徴のお茶です。

5.紅茶のおすすめ

・祁門紅茶(きーむんこうちゃ)

世界3大紅茶の一つで、中国を代表する紅茶です。欄の香りに似た匂いが特徴のお茶で、その水色も鮮やかな赤色をしています。産地は安徽省祁門県です。

6.黒茶のおすすめ

・普洱茶(ぷーあるちゃ)

日本でもおなじみのお茶です。産地は雲南省普洱市とタイ族自治州の西双版納(しーさんぱんな)です。茶葉の形状の散茶と固形茶の両方があります。非常にまろやかな味わいで、健康茶として広く飲まれています。

まとめ

中国旅行の定番のお土産と言えば、なんと言っても「中国茶」ではないでしょうか。

中国各地で作られた人気の銘茶を、ご家族へのお土産にぜひどうぞ!

今回ご紹介した産地やおすすめの銘柄を参考して、お気に入りの銘茶を見つけ、休日にご家族と一緒に楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました