美味しい中国茶を淹れるための基礎知識と基本の淹れ方を簡単解説! | CONSENT

美味しい中国茶を淹れるための基礎知識と基本の淹れ方を簡単解説!

中国茶

歴史も古く、茶葉の種類も数百種もある中国茶ですが、淹れ方も特別でなかなか自宅で楽しむのは難しいのでは?と思いがちですが、決してそんなことはありません。

特にこだわったルールや作法はなく、手軽に楽しむことができますが、より美味しく楽しむためには、「水」・「お湯の温度」・「茶器」についての基本を知ることが大切です。

ここでは、その3つの基礎知識と茶器に応じた淹れ方を解りやすく解説していきます!

スポンサーリンク

3つの基礎知識

それでは、「水」・「お湯の温度」・「茶器」の3つの基礎知識について順番にご紹介していきます。

中国茶に適した水

中国茶を美味しく淹れるには、やはり水が大切です。

お茶の香り、まろやかさを引き立てる水は「軟水」が最適です。日本の水道水は軟水なので、水道水でも十分おいしく淹れられます。

ただし水道水だと塩素が含まれるため、どうしてもカルキ臭が気になりますので、よく沸騰させてから使用しましょう。

場所や地域によって塩素濃度が違うため、沸騰させた水でも気になる場合は、市販のミネラルウォーターを使用してください。

その場合、軟水系のミネラルウォーターを購入するようにしましょう。外国銘柄は硬水系が多いですが、「い・ろ・は・す」や「サントリーの天然水」は軟水ですので、おすすめです。

お湯の温度

中国茶は、緑茶・白茶・黄茶・青茶・紅茶・黒茶の6つに分類されます。

基本はどの種類のお茶も100度に沸かした熱湯で淹れますが、茶葉の種類によって最適な温度がありますので、ご紹介します。

・緑茶 代表茶 龍井茶(ろんじんちゃ)適正温度 60度~70度
・白茶 代表茶 白牡丹(はくぼたん)適正温度 65度~75度
・黄茶 代表茶 君山銀針(くんざんぎんしん)適正温度 65度~75度
・青茶 代表茶 烏龍茶(うーろんちゃ)適正温度 70度~100度
・紅茶 代表茶 祁門紅茶(きーむんこうちゃ)適正温度 95度~100度
・黒茶 代表茶 普洱茶(ぷーあるちゃ)適正温度 95度~100度

一般的には、香りを強調するなら高温で、まろやかなお茶を楽しむなら低温でと言われますが、より茶葉の特徴を出すためにも、今回ご紹介した温度で淹れるのがおすすめです。

茶器を選ぶ

中国には、「茶壺を育てる」という考え方があるくらい、茶器にもこだわりがあります。

素焼きの茶壺はお茶の香りを吸い込み、使えば使うほどにお茶の香りが移り、深みのある美味しいお茶を淹れられます。

また、素焼きの茶壺はお茶の雑味を取る効果もありまので、焙煎度の強い紅茶や黒茶に適しています。

磁器製の茶器は香りが移らないので、どんな種類のお茶にも適していて、取扱いに便利です。

中国茶は見た目も非常に鮮やかで、茶葉がジャンピングしたり開いていく様子が楽しいので、グラスに淹れて飲むことも多いです。

その場合は、必ず耐熱ガラスのものを使用してください。

好みや、目的に応じて茶器を選ぶことで、中国茶の楽しみも更に広がるのではないでしょうか。

中国茶の淹れ方の基本

中国茶の基礎が理解できれば、いよいよ実際にお茶を淹れてみましょう。

ここでは後始末も簡単で、一番手軽に淹れることのできる蓋碗(蓋付きの茶碗)を使った淹れ方をご紹介します。

揃えておく茶器としては、蓋碗、茶杯(カップ)、茶海(ピッチャー)、茶池または茶盤(余ったお湯を捨てる道具)です。

1.茶器を温める
蓋碗の蓋のところぐらいまで熱湯を注ぎます。蓋碗を温めたお湯を茶海から茶杯の順に移し、茶杯に入れたお湯はしばらくおいておきます。

2.茶葉と熱湯を注ぐ
茶葉を蓋碗に入れます。茶葉の目安の量は150cc~200ccのお湯に対して3~5g程です。次に蓋碗の縁にそって時計回りにゆっくりとお湯を注いでください。

3.蒸らす
蓋碗に蓋をして蒸らします。蒸らす時間は茶葉の種類よって違いますが、40秒から1分程度を目安にしてください。蓋をずらし、茶葉の状態を確認し、水色(すいしょく)が良ければできあがりです。

4.茶海に注ぐ
蓋碗の蓋を少しずらし、茶海に移します。かなり熱いので、一気に入れるのがコツです。蓋碗にお茶を残さないように最後の一滴まで、注いでください。

5.茶杯にお茶を注ぐ
茶杯を温めておいたお湯を捨て、茶海から茶杯にお茶を注げば完成です。

まとめ

今回は、初めて中国茶を淹れる場合の基礎知識と、最も手軽で簡単な蓋碗を使ったお茶の入れ方についてご紹介しました。

普段、コーヒーや紅茶はよく飲んでいる方も、中国茶はあまり馴染みが無いのではないでしょうか。

特別な技術や作法も必要なく、思っていた以上に簡単に中国茶を楽しむことができますので、ぜひチャレンジしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました