コーヒー豆は焙煎が大切!焙煎の段階とは何? | CONSENT

コーヒー豆は焙煎が大切!焙煎の段階とは何?

コーヒー

コーヒーの生豆を口に入れて噛んでみても、コーヒーの香りも味も全くしません。少し青臭い香りがするだけで、そのまま豆を引いてフィルターに通したとしても、苦味だけが残り飲むことはできません。

コーヒー豆は熱を加えることで、コーヒー独特の色や風味が生まれ、初めて香り豊かなコーヒーとして飲むことができます。

そしてその熱を加えること、豆を煎って加熱することを「焙煎」と言います。

ということで、ここでは焙煎度の段階についてご紹介します!

スポンサーリンク

8段階の焙煎度とは?

例えば、トーストもパンの種類や品質によって、こんがり焼くほうが好きな人や、あまり焼かないほうが好きな人など、好みは分かれます。

コーヒー豆も同じで、煎り具合によって味や香りが違ってきます。

そしてその煎り具合、焙煎度は大きく分けて浅煎り・中煎り・深煎りに分類され、それぞれがさらに細かく分類されて、全部で8段階の焙煎度があります。

浅煎り

・第1段階 ライトロースト

コヒー豆の生豆の黄色みが少し残ったような小麦色した極浅煎りタイプです。

コーヒー特有のコク、苦味、香りはほとんどありませんが、酸味が強いのが特徴です。

・第2段階 シナモンロースト

シナモンの色をした浅煎りタイプです。

普段ブラックコーヒーを飲んでいる人にはおすすめで、キレのある酸味が特徴です。

中煎り

・第3段階 ミディアムロースト

茶褐色をした中煎りタイプです。

程よい酸味に加えて、コーヒーの持つ適度な苦味も味わえ、アメリカンタイプの軽めのコーヒーが好きな人にはおすすめです!

ちなみに僕は酸味の強いものや苦味の強いものは苦手で、普段はアメリカンコーヒーしか飲まないので、自宅ではこのミディアムローストの豆を購入しています。

・第4段階 ハイロースト

やや濃い茶褐色をした中煎りタイプです。

酸味と苦味のバランスもよく、喫茶店でも多く使用されていて、マイルドな口当たりのコーヒーになります。

・第5段階 シティーロースト

かっこいいネーミングですが、このシティーは「ニューヨークシティ」を意味するようです。

ハイロースト同様、非常にバランスがよく、やや苦味が増した味わいになります。

喫茶店やご自宅での利用が一番多いのがこのタイプです。

自分はどの焙煎具合のものを選んだらよく分からいという方には、このシティーローストタイプのものから始めてみてはいかかでしょうか。

深煎り

・第6段階 フルシティーロースト

やや黒みがかった深煎りタイプです。

アイスコーヒーや、最近人気の高いエスプレッソコーヒーに適したローストです。

有名なコーヒーチェーン店で出される炭火焼コーヒーは、このフルシティーローストタイプを使用しているところが多いようです。

・第7段階 フレンチロースト

名前の通り、黒色に近いフランス風タイプです。

コクと苦味が強い味のコーヒーになるためストレートではなく、牛乳を入れたカフェ・オ・レや、ホイップクリームをのせたウインナー・コーヒーなどのアレンジコーヒーにぴったりです。

・第8段階 イタリアンロースト

ほぼ焦げたような黒色したイタリアン風タイプです。

苦味が強く酸味はあまり感じないので、フレンチロースト同様、アレンジコーヒーに適したローストタイプです。

まとめ

コーヒー豆を選んで購入する場合、ここでご紹介した「焙煎度」を理解しておくことがとても重要です。

どんな風味のレギュラーコーヒーを飲みたいか、どんなアレンジコーヒーを作りたいかによって、それに適した焙煎度の豆を購入する必要があるからです。

最初はいろいろな焙煎度のコーヒー豆を試して、その中から自分にあったものを探し出していくのも楽しみの一つではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました