一度は試してみたい!世界の有名紅茶ブランドのおすすめ商品! | CONSENT

一度は試してみたい!世界の有名紅茶ブランドのおすすめ商品!

紅茶

17世紀初め、オランダ商人が中国からお茶を買い付けたのが始まりで、その後フランス、ロシア、イギリスへと広がっていった「お茶文化」ですが、当時飲まれていたのは、烏龍茶(ウーロンチャ)が主流でした。

それが時代とともに紅茶へと変化していき、1692年にフランスでダマン・フレール社が紅茶の販売を始め、イギリスでは1787年にトワイニングのブランドを付けた紅茶専門店がオープンしました。

そんな300年以上の歴史を持つブランド紅茶ですが、ここでは歴史のあるもから最近の新しいブランドまで、おすすめのブランド商品を国別にご紹介します!

スポンサーリンク

イギリスのおすすめブランド

1.ハロッズ(Harrods)

世界各地から最高品質の茶葉を仕入れ、独自のブレンドで「魔法のように美味しい」と表現される紅茶です。

残念ながら2017年8月にハロッズは日本から撤退しましたが、オンラインショップでは今でも購入できます。

その中からおすすめの3品をご紹介します!

ハロッズブレンドNo,14(イングリッシュブレックファスト)

ダージリン、セイロンなど4種類の茶葉をブレンドした、定番中の定番。クセがなく、飽きのこない味わいです。

ハロッズジョージアブレンドNo,18

イギリス本店のジョージアレストランで親しまれているブレンドティー。
コクがあり、後味はさっぱりしています。

ハロッズブレンドNo,42(アールグレイ)

スモーキーな香りとベルガモットの香りのバランスが絶妙。さわやかな味わいです。

2.フォートナム&メイソン(Fortnem&Mason)

ロンドンの老舗百貨店で、ヴィクトリア女王の時代に王室御用達になった上流階級の人々に愛される紅茶ブランドです。

その中からおすすめの2品をご紹介します!

ロイヤルブレンド

インド産のコクと、セイロン産のキレのある茶葉をブレンド。味、香りともフォートナム&メイソンを代表する紅茶です。

アールグレイクラシック

中国産とセイロン産の茶葉をブレンドした、ベルガモットの芳醇な香りのする逸品です。

3.ウェッジウッド(Wedgwood)

誰もが知る世界的高級陶磁器ブランドですが、1991年から紅茶の販売を開始しました。

厳選された茶葉から作られる気品あるれる味と香りは、イギリスの伝統を受け継ぐ逸品です。

その中からおすすめの2品をご紹介します!

ウェッジウッドオリジナル

厳選されたインド産とケニア産の茶葉をブレンドしたオリジナルブレンド。コクがあり、ストレート、ミルクティーの両方が楽しめます。

イングリッシュブレックファスト

インド、ケニア、セイロン産茶葉のブレンドで芳醇な香りと深みのある味が特徴です。ミルクティーに最適です。

フランスのおすすめブランド

1.マリアージュフレール(Mariage Freres)

世界で最初の紅茶の販売を始めたフレール家を起源に持つ、1854年創業の紅茶専門店。世界30カ国以上から厳選された500種類以上の紅茶を揃えるフランスを代表するブランドです。

その中からおすすめの2品をご紹介します!

マルコポーロ

マリアージュフルーレを象徴する紅茶。フルーツと花の香が優雅にマッチした、フレーバーティーの代表です。

ウェディング

セイロン産茶葉をベースにしたブレンドティー。ほのかな甘みのある紅茶です。

2.エディアール(HEDIARD)

マリアージュフレールと同じく、1854年創業の老舗ブランドです。世界の茶葉を厳選し、伝統技術を受け継いだ一流ブレンダーによってブレンドされた紅茶は、味、香りともフランス最高の評価を受けるほどです。

その中からおすすめの2品をご紹介します!

エディアールブレンド

中国茶をベースにベルガモット、オレンジ、レモンの香りを付けたエディアールの代表作で、ストレートティーがおすすめです。

4レッドフルーツ

ストロベリー、ラズベリー、レッドカラント、レッドチェリーの4種類の果実の香りを付けたフレーバーティー。甘い中に、ほどよい酸味が感じられます。

アジアのおすすめブランド

紅茶の本場とされる、イギリス、フランスの有名ブランドとそのおすすめ商品をご紹介しましたが、最後にアジア地域の紅茶ブランドをご紹介します。

1.サンチャ(SAN-CHA)

インドの世界的に有名な紅茶メーカーのアパ・キ・パサンド社が作ったブランドです。

インド産の高級なダージリンやアッサムを使った紅茶は香り、味とも世界中で高い評価を受けています。

2.ディルマ(Dilmah)

スリランカの代表ブランド。収穫してまもない茶葉のみを使用した、正統派のセイロンティーで、本物志向の愛好家に評価が高いブランドです。

3.ティーダブリュジー(TWG )

2008年創業とシンガポールの新しいブランドですが、日本でもファンが急増中です。

世界各地の厳選した茶葉をベースに、フルーツやスパイスをブレンドした独自のフレーバーティーや、ノンカフェインのルイボスティーなどが特に人気です。

まとめ

中国を起源としその後、インド、スリランカを中心に生産されている紅茶がヨーロッパに広がり、300年以上の歴史の中、各国で有名なブランドが生まれてきました。

歴史に育まれたブランド紅茶はどれも高級品で、簡単には買えないものが多いですが、たまには少し贅沢をして優雅な気分を味わってはいかかでしょうか?

また、紅茶はギフト商品としてもとても人気です。お友達やお世話になった方へのプレゼントして、今回ご紹介したブランドの商品を参考にしていただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました