堺市長選挙2019立候補者は?N国党代表立花孝志も出馬!結果は? | CONSENT

堺市長選挙2019立候補者は?N国党代表立花孝志も出馬!結果は?

政治

大阪府で初めて2019年7月に世界文化遺産として登録される予定の百舌鳥古墳郡を抱える大阪府堺市ですが、政治の世界でも何かと注目されています。

竹山修身前市長の政治資金問題にからむ辞職に伴う堺市長選挙が、5月26日告示、6月9日投開票の予定で行なわれます。

今回は、注目の堺市長選挙について「堺市長選挙2019立候補者は?N国党代表立花孝志も出馬!結果は?」をテーマにご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

堺市長選挙2019立候補者は?

今回の堺市長選挙は、3人の立候補者による戦いとなります。

永藤 英機 (ながふじ ひでき)大阪維新の会

【永藤英機プロフィール】

■生年月日 1976年7月13日 42歳

■出身地 兵庫県芦屋市

■学歴 大阪府立大学経済学部経済学科卒

■職歴 システムエンジニアとして株式会社オービック勤務

■政治活動 

2011年大阪府議会議員に初当選、2015年の統一地方選挙で再選。
2017年に大阪維新の会より堺市長選挙に出馬するも、前市長の竹山氏に破れ、政治家を引退。
2019年の大阪ダブル選挙で、吉村博文大阪府知事の選挙事務局長を務める。
2019年堺市長選挙に大阪維新の会より再出馬。

■市長選挙での主張

「新しい堺を創る」をテーマに、前竹山市長が起こした不正資金問題でなくなった堺市民の信頼を取り戻すとともに、

子供たちに多くの選択肢を提供できて年を重ねても安心して希望を持って暮らしていくことのできる堺にしたい歴史・文化を大切に守り育てながら未来への道筋を示し、子や孫の世代にも自信をもって残すことのできる素晴らしい堺を市民の皆さんと創っていきたい

引用元:永藤の視点公式ブログ

と述べられています。

野村 友昭(のむら ともあき)無所属

 

【野村友昭プロフィール】

■生年月日 1973年11月10日 45歳

■出身地 大阪府堺市

■学歴 國學院大學文学部卒、大阪市立大学大学院創造都市研究科修士

■職歴 社会福祉法人勇和会 堺めぐみ保育園勤務

■政治活動 

2011年統一地方選挙で堺市議会議員初当選。2015年自由民主党大阪府連政務調査副会長。同じく、自由民主党大阪府連青年局幹事長、自由民主党堺市議団(市民クラブ)政務調査会長就任。
2019年5月堺市議会議員辞職とともに、自由民主党を離島し「チーム堺-SAKAI-」を立ち上げ、堺市長選に立候補。

■市長選挙での主張

  • 経済、文化、防災が融合した新時代のまちづくり
  • 新たな技術で人生100年時代の医療・福祉を推進
  • 全体の底上げで政令市トップの学力を目指す、未来志向の教育改革
  • 子育てのまち境をもっと前へ

をスローガンに掲げ、

「堺のまちを守って」「都構想はあかんで」と、堺の未来を憂う多くの声を受け、戦う決意をしました。

無謀な戦いかもしれません。しかし、堺を想う無数の市民が「チーム堺」に集えば、きっとその想いは叶うと信じています。

私は堺を守り抜き、政令市の強みを活かし、さらに発展・飛躍させるため、最後まで戦い抜きます!

引用元:チーム堺-SAKAI-公式サイト

と述べられています。

立花 孝志(たちばな たかし)NHKから国民を守る党

【立花孝志プロフィール】

■生年月日 1967年8月15日 51歳

■出身地 大阪府泉大津市

■学歴 大阪府立信太高等学校卒

■職歴 1986年4月から2005年7月 NHK勤務

■政治活動
2013年6月政治団体「NHKから国民を守る党」設立。同年9月、大阪府摂津市議会議員選挙に立候補、落選。2014年2月東京都町田市議会議員選挙に立候補、落選。2015年千葉県船橋市議会議員選挙に当選。2016年7月、橋市議会議員を任期中に辞任し、東京都知事選へ出馬、落選。2017年1月、大阪府茨木市議会議員選挙、7月、東京都議会議員選挙へ出馬するも、ともに落選。2017年11月、東京都葛飾区議会選挙で当選。
2019年5月葛飾区議会議員辞職し、堺市長選に立候補。

■市長選挙での主張

  • NHK集金人の個別訪問の規制する条例の制定
  • 生活保護の直接サービス化
  • スマホ購入費の半額助成金の支給
  • 身を切る改革に反対し緊縮財政をやめる
  • 電動アシスト機能付き自電車の助成金の支給
  • 森友問題の徹底解明

の政策を掲げて、

堺市長選挙に挑戦します現在33名の現職議員が在籍、政策は【NHKをぶっ壊す!】つまり【NHKスクランブル放送の実現】つまり【NHK受信料を支払わない人にはNHKの番組が見られないようにする事】だけです。

引用元:立花孝志公式ツイッター

と、あくまで「NHKをぶっ壊す!」ことを強調されています。

選挙結果

選挙結果については6月9日の開票後、分かり次第、追記します。

2019年6月10日追記

6月9日の開票結果です。

当日有権者数:682,285人 最終投票率:40.83%(前回比:-3.48ポイント)

永藤 英機 137,862票 得票率 50.1% 当選
野村 知昭 123,771票 得票率 44.9% 落選
立花 孝志   14,110票 得票率   5.1% 落選

大阪維新の会 永藤英機氏の当選が確定しました。

まとめ

注目を集める堺市長選ですが、当初は大阪維新の会から立候補した、永藤秀樹氏でほぼ決定の状況でした。

自民党大阪府連が大阪維新との直接対決を望まず、候補者擁立を見送ったためですが、自民党の堺市議団はあくまで大阪都構想に反対で、その声に押される形で、野村友昭氏が自民党を離党して市長選に名乗りを上げました。

そして、ユーチューバーとしても人気の「NHKから国民を守る党」代表、立花孝志氏が立候補を表明し、大阪維新の会との対決が決まりました。

堺市長選挙に出馬するには供託金として240万円が必要で、有効投票数の10%を獲得しなければ供託金は没収となります。

堺市の有権者数は68万人で、2017年の市長選の投票率は44%でしたので、今回も同様だとすれば、32,000票以上を獲得しなければ、没収されます。

堺市長選挙に出馬するだけで、相当なリスクですね。

立花氏の立候補表明で、さらに注目度が上がった、堺市長選挙、6月9日の投開票が非常に楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました