ラグビーW杯2019試合会場と開催試合は?決勝トーナメント進出予想も | CONSENT

ラグビーW杯2019試合会場と開催試合は?決勝トーナメント進出予想も

スポーツ
jackmac34 / Pixabay

ラグビーワールドカップ2019日本大会の開催が近づいてきました。

世界の強豪20ヶ国が日本に集結し、9月20日から11月2日までの約7週間に渡って、全国12ヶ所の会場で熱戦を繰り広げます。

日本代表は前回行われた2015年のイングランド大会では予選で当時世界ランク3位の南アフリカを破り、「スポーツ界最大の番狂わせ」と評されたものの、惜しくも決勝トーナメント進出の夢は絶たれました。

2019年の今大会では悲願の決勝トーナメント進出なるかどうかが、最大の見どころです。

今回は注目のラグビーワールドカップ2019を取り上げ、「ラグビーW杯2019試合会場と開催試合は?決勝トーナメント進出予想も」の内容でお届けします。

【ラグビーワールドカップ】この感動は一生に一度だ / オフィシャルソング 『World In Union』 / 吉岡聖恵(いきものがかり)
スポンサーリンク

ラグビーW杯2019試合会場

ラグビーワールドカップ2019年の試合会場は、北海道から九州まで全国の12会場で行われます。

その12会場をご紹介します。

札幌ドーム

所在地:〒062-0045 北海道札幌市豊平区羊ヶ丘1番地
収容人数:41,410人

釜石鵜住居復興スタジアム

所在地:〒026-0301 岩手県釜石市鵜住居町第18地割5-1
収容人数:16,020人(仮設含む)

熊谷ラグビー場

所在地:〒360-0004 埼玉県熊谷市上川上810 
収容人数:24,000人

東京スタジアム

所在地:〒182-0032 東京都調布市西町376-3
収容人数:49,970人

横浜国際総合競技場

所在地:〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町3300 
収容人数:72,327人

小笠山総合運動公園エコパスタジアム

所在地:〒437-0031 静岡県袋井市愛野2300-1
収容人数:50,889人

豊田スタジアム

所在地:〒471-0016 愛知県豊田市千石町7丁目2
収容人数:45,000人

東大阪市花園ラグビー場

所在地:〒578-0923 大阪府東大阪市松原南1丁目1-1
収容人数:24,100人(仮設含む)

神戸市御崎公園球技場

所在地:〒652-0855 兵庫県神戸市兵庫区御崎町1丁目2-2
収容人数:30,132人

東平尾公園博多の森球技場

所在地:〒816-0052 福岡県福岡市博多区東平尾公園2丁目1-1
収容人数:20,049人

大分スポーツ公園総合競技場

所在地:〒870-0126 大分県大分市横尾1351
収容人数:40,000人

熊本県民総合運動公園陸上競技場

所在地:〒861-8012 熊本県熊本市東区平山町2776
収容人数:30,000人

ラグビーW杯2019予選組み合わせ

ラグビーワールドカップでは、参加20ヶ国が4つのプールに分かれて予選を戦います。

■プールA

  • アイルランド(世界ランキング3位)
  • スコットランド(世界ランキング7位)
  • 日本(世界ランキング11位)
  • サモア(世界ランキング16位)
  • ロシア(世界ランキング20位)

■プールB

  • ニュージーランド(世界ランキング1位)
  • 南アフリカ(世界ランキング5位)
  • イタリア(世界ランキング14位)
  • カナダ(世界ランキング21位)
  • ナミビア(世界ランキング23位)

■プールC

  • イングランド(世界ランキング4位)
  • フランス(世界ランキング8位)
  • アルゼンチン(世界ランキング10位)
  • トンガ(世界ランキング13位)
  • アメリカ(世界ランキング15位)

■プールD

  • ウェールズ(世界ランキング2位)
  • オーストラリア(世界ランキング6位)
  • フィジー(世界ランキング9位)
  • ジョージア(世界ランキング12位)
  • ウルグアイ(世界ランキング19位)

ラグビーW杯2019試合会場別開催試合

各試合会場で組まれている対戦カードをご紹介します。

■札幌ドーム

9月21日(土)13:45開始 オーストラリア VS フィジー(プールD)
9月22日(日)19:15開始 イングランド VS トンガ(プールC)

釜石鵜住居復興スタジアム

9月25日(水)14:15開始 フィジー VS ウルグアイ(プールD)
10月13日(日)12:15開始 ナミビア VS カナダ(プールB)

■熊谷ラグビー場

9月24日(火)19:15開始 ロシア VS サモア(プールA)
9月29日(日)14:15開始 ジョージア VS ウルグアイ(プールD)
10月9日(水)13:45開始 アルゼンチン VS アメリカ(プールC)

■東京スタジアム

9月20日(金)19:45開始 日本 VS ロシア(プールA)
9月21日(土)16:15開始 フランス VS アルゼンチン(プールC)
9月29日(日)16:45開始 オーストラリア VS ウェールズ(プールD)
10月5日(土)17:00開始 イングランド VS アルゼンチン(プールC)
10月6日(日)13:45開始 ニュージーランド VS ナミビア(プールB)
10月19日(土)19:15開始 プールB1位 VS プールA2位 準々決勝
10月20日(日)19:15開始 プールA1位 VS プールB2位 準々決勝
11月1日(金)18:00開始 3位決定戦

■横浜国際総合競技場

9月21日(土)18:45開始 ニュージーランド VS 南アフリカ(プールB)
9月22日(日)16:45開始 アイルランド VS スコットランド(プールA)
10月12日(土)17:15開始 イングランド VS フランス(プールC)
10月13日(日)19:45開始 日本 VS スコットランド(プールA)
10月26日(土)17:00開始 準決勝
10月27日(日)18:00開始 準決勝
11月2日(土)18:00開始 決勝

■小笠山総合運動公園エコパスタジアム

9月28日(土)16:15開始 日本 VS アイルランド(プールA)
10月4日(金)18:45開始 南アフリカ VS イタリア(プールB)
10月9日(水)16:15開始 スコットランド VS ロシア(プールA)
10月11日(金)19:15開始 オーストラリア VS ジョージア(プールD)

■豊田スタジアム

9月23日(月)19:15開始 ウェールズ VS ジョージア(プールD)
9月28日(土)18:45開始 南アフリカ VS ナミビア(プールB)
10月5日(土)19:30開始 日本 VS サモア(プールA)
10月12日(土)13:45開始 ニュージーランド VS イタリア(プールB)

■東大阪市花園ラグビー場

9月22日(日)14:15開始 イタリア VS ナミビア(プールB)
9月28日(土)13:45開始 アルゼンチン VS トンガ(プールC)
10月3日(木)14:15開始 ジョージア VS フィジー(プールD)
10月13日(日)14:45開始 アメリカ VS トンガ(プールC)

■神戸市御崎公園球技場

9月26日(木)19:45開始 イングランド VS アメリカ(プールC)
9月30日(月)19:15開始 スコットランド VS サモア(プールA)
10月3日(木)19:15開始 アイルランド VS ロシア(プールA)
10月8日(火)19:15開始 南アフリカ VS カナダ(プールB)

■東平尾公園博多の森球技場

9月26日(木)16:45開始 イタリア VS カナダ(プールB)
10月2日(水)16:45開始 フランス VS アメリカ(プールC)
10月12日(土)19:45開始 アイルランド VS サモア(プールA)

■大分スポーツ公園総合競技場

10月2日(水)19:15開始 ニュージーランド VS カナダ(プールB)
10月5日(土)14:15開始 オーストラリア VS ウルグアイ(プールD)
10月9日(水)18:45開始 ウェールズ VS  フィジー(プールD)
10月19日(土)16:15開始 プールC1位 VS プールD2位 準々決勝
10月20日(日)19:15開始 プールD1位 VS プールC2位 準々決勝

■熊本県民総合運動公園陸上競技場

10月6日(日)16:45開始 フランス VS トンガ(プールC)
10月13日(日)17:15開始 ウェールズ VS ウルグアイ(プールD)

ラグビーW杯2019決勝トーナメント進出予想

各プール総当たりで上位2チームが決勝トーナメントに進出できます。

順位は全試合の勝ち点により決定。(勝利=4、引き分け=2、負け=0。ただし4トライ以上獲得、7点差以内の負けでもそれぞれ勝ち点1が与えられる)

勝ち点が並んだ場合は、

❶当該チーム同士の対戦結果
❷総得失点差
❸総トライ数と総失トライ数の差
❹総得点
❺総トライ数

によって決定しますが、上記でも決着がつかない場合は最新の世界ランキング上位チームになります。

また、決勝トーナメントは引き分けの場合、10分ハーフの延長戦が行われます。

それでは、各プールの決勝トーナメント進出予想をしていきます。

■プールA

  • アイルランド(世界ランキング3位)
  • スコットランド(世界ランキング7位)
  • 日本(世界ランキング11位)
  • サモア(世界ランキング16位)
  • ロシア(世界ランキング20位)

プールAはアイルランド、スコットランド、日本の3ヶ国の争いになると思いますが、ここは期待を込めてアイルランドと日本が決勝トーナメント進出と予想します。

■プールB

  • ニュージーランド(世界ランキング1位)
  • 南アフリカ(世界ランキング5位)
  • イタリア(世界ランキング14位)
  • カナダ(世界ランキング21位)
  • ナミビア(世界ランキング23位)

プールBは順当に、ニュージーランドと南アフリカで決まりでしょう。

■プールC

  • イングランド(世界ランキング4位)
  • フランス(世界ランキング8位)
  • アルゼンチン(世界ランキング10位)
  • トンガ(世界ランキング13位)
  • アメリカ(世界ランキング15位)

プールCは混戦が予想されますが、イングランドが1位通過、プールCの初戦で対戦するフランスとアルゼンチンの勝者が2位通過の可能性が高いと思います。

■プールD

  • ウェールズ(世界ランキング2位)
  • オーストラリア(世界ランキング6位)
  • フィジー(世界ランキング9位)
  • ジョージア(世界ランキング12位)
  • ウルグアイ(世界ランキング19位)

プールDも混戦模様ですが、1位はウェールズでほぼ決まりで、2位はプールDの初戦となるオーストラリアとフィジーの勝者になる可能性が大きいでしょうね。

まとめ

ワールドカップでの日本チームの戦績を見てみると、通算で4勝2分22敗となっています。

過去8大会ではまだ一度も決勝トーナメントに進出しておらず、初の決勝トーナメント、ベスト8に向けて日本中が熱い応援を送ることになるでしょう。

9月20日の開幕が待ちきれません!

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました