全米オープンゴルフ2019放送予定と日本人出場選手は?優勝予想も | CONSENT

全米オープンゴルフ2019放送予定と日本人出場選手は?優勝予想も

スポーツ
mlopezdesign / Pixabay

6月13日(金)から6月16日(日)の4日間、メジャー第3戦第119回全米オープンゴルフが、カリフォルニア州ペブルビーチ・ゴルフリンクスで開催されます。

この大会は「オープン」の名の通り、プロだけでなくアマチュアも参加できる大会で、アメリカだけでなく、イギリスや日本でも予選会が開催際され、予選会を勝ち抜いた選手も参加できることで、正に世界No,1のゴルファーを決める最も歴史のある大会です。

2017年、2018年と現在世界ランキング1位のブルックス・ケプカが連覇しており、2019年は3連覇がかかった大会となります。

今回は、世界の強豪が勢揃いする注目の全米オープンゴルフについて、「全米オープンゴルフ2019放送予定と日本人出場選手は?優勝予想も」のテーマでお届けします。

スポンサーリンク

全米オープンゴルフ2019大会概要

2019年の全米オープンゴルフは、6月13日(金)から6月16日(日)の4日間、カリフォルニア州ペブルビーチ・ゴルフリンクスで開催されます。

ペブルビーチ・ゴルフリンクスは1919年に開場し、今年で100周年を迎える全米屈指の名門コースで、全米オープンは過去5度開催されています。

  • 1972年 優勝者 ジャック・二クラウス 優勝スコアー +2
  • 1982年 優勝者 トム・ワトソン 優勝スコアー -6
  • 1992年 優勝者 トム・カイト 優勝スコアー -3
  • 2000年 優勝者 タイガー・ウッズ 優勝スコアー -12
  • 2010年 優勝者 グレーム・マグドウェル 優勝スコアー E

全米オープン開催に向けて、5年前から準備を始め、深いラフやバンカーを配置し、パーを取るのが難しいと言われるコースセッティングで、選手たちを迎えます。

今年の優勝賞金総額は、1250万ドル(約13億6,200万円)、優勝賞金は216万ドル(約2億3,500万円)、世界最高額の大会です。

予選ラウンド終了時点(2日目終了時)で、60位タイ以上、およびトップから10ストローク以内のプレイヤーのみが、3日目以降の決勝ラウンドに進むことができます。

全米オープンゴルフ2019放送予定

地上波での放送は、テレビ朝日系列で、CS放送はゴルフネットワークで放送されます。

■地上波:テレビ朝日系列

第1日 6月13日(木)深夜2時14分~4時55分 ※一部地域を除く
第2日 6月14日(金)深夜2時20分~朝8時 ※一部地域を除く
第3日 6月16日(日)朝8時~午前11時
最終日  6月17日(月)朝3時55分~午前10時30分

解説は、青木功(JGTO)会長と丸山茂樹プロ、キャスターは、戸張捷での放送です。

第119回全米オープンゴルフ PR動画

■CS放送:ゴルフネットワーク 視聴方法はこちら  

第1日 6月14日(金)午前0時30分~午前11時30分(LIVE)
第1日 6月14日(金)午後2時30分~午後11時30分(録画)
第2日 6月15日(土)午前0時30分~午前11時30分(LIVE)
第2日 6月15日(土)午後2時30分~午後11時30分(録画)
第3日 6月16日(日)午前0時00分~午前11時00分(LIVE)
第3日 6月16日(日)午後2時00分~午後10時00分(録画)
最終日  6月17日(月)午前2時00分~午前11時00分(LIVE)
最終日  6月17日(月)午後3時00分~午後10時00分(録画)
第1日再放送 6月22日(土)午前8時30分~午前11時30分 
第2日再放送 6月22日(土)午後0時00分~午後3時00分  
第3日再放送 6月23日(日)午前8時30分~午前11時30分 
最終日再放送  6月23日(日)午後0時00分~午後3時00分 

解説は前半が内藤雄士プロ、後半が佐藤信人プロでの放送です。

全米オープンゴルフ2019日本人出場選手は?

今年の全米オープンゴルフには日本からは4人の選手が出場します。

6月5日現在の世界ランク上位から順番にご紹介していきます。

松山 英樹 1992.02.25生まれ
所属:レクサス
出身校:東北福祉大学
プロ転向:2013年
ツアー通算勝利:15勝
得意クラブ:パター
身長:180cm
体重:90kg
世界ランク:29位
2018年全米オープン16位タイ、7年連続7回目出場

 

今平 周吾 1989.09.11生まれ
所属:フリー
出身校:東京国際大学
プロ転向:2011年
ツアー通算勝利:2勝
得意クラブ:サンドウェッジ
身長:165cm
体重:63kg
世界ランク:75位
2017年全米オープン予選落ち、2年ぶり2回目出場

市川 弘大 1992.12.16生まれ
所属:フリー
出身校:埼玉平成高等学校
プロ転向:2001年
ツアー通算勝利:2勝
得意クラブ:
身長:171cm
体重:75kg
世界ランク:198位
2019年全米オープンゴルフ初出場

堀川 未来夢 1992.12.16生まれ
所属:Wave Energy
出身校:日本大学
プロ転向:2014年
ツアー通算勝利:0勝
得意クラブ:アプローチウェッジ、パター
身長:176cm
体重:84kg
世界ランク:269位
2019年全米オープンゴルフ初出場

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

堀川未来夢さん(@mikumu.h)がシェアした投稿

向かって右から、今平周吾プロ、市原弘大プロ、堀川未来夢プロです。

全米オープンゴルフ2019優勝予想

今年の優勝者を占うに当たって最新の世界ランキング上位10人を見てみると、

世界ランク1位 ブルックス・ケプカ / Brooks Koepka  アメリカ

世界ランク2位 ダスティン・ジョンソン / Dustin Johnson  アメリカ

世界ランク3位 ジャスティン・ローズ / Justin Rose  イングランド

世界ランク4位 ローリー・マキロイ / Rory McIlroy  北アイルランド

世界ランク5位 タイガー・ウッズ / Tiger Woods アメリカ

世界ランク6位 ジャスティン・トーマス / Justin Thomas  アメリカ

世界ランク7位 フランチェスコ・モリナリ / Francesco Molinari イタリア

世界ランク8位 パトリック・キャントレー/Patrick Cantlay

世界ランク9位 ブライソン・デシャンボー / Bryson DeChambeau アメリカ

世界ランク10位 ザンダー・シャウフェレ / Xander SCHAUFFELE アメリカ

となっていて、やはり優勝者はこの10人の中から決まるのではないでしょうか。

ブルックス・ケプカが3連覇を成し遂げれば、1903年から1905年かけて3連覇を果たしたウイリー・アンダーソン以来、史上二人目の快挙となります。

また、2000年に今回の開催地ペブルビーチで全米オープン初優勝を飾ったタイガー・ウッズにも注目です。

そして、やはり日本人選手達にも優勝争いに絡んでほしいと思います。

2017年の大会で2位タイとなった松山選手も、今年こそは優勝のチャンスが十分あると思います。

まとめ

いよいよ来週にせまった「全米オープンゴルフ」、世界中のゴルフファンが待ち望んだ大会です。

ペブルビーチという最高の舞台で、世界最高の実力を持った選手達が、きっと最高の試合を繰り広げてくれるでしょう。

熱い戦いに注目です!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました