三井住友銀行ゴールデンウィーク10連休のATMの時間や手数料は? | CONSENT

三井住友銀行ゴールデンウィーク10連休のATMの時間や手数料は?

生活

日本を代表するメガバンクの三井住友銀行ですが、2019年のゴールデンウィークは他の銀行同様、4月27日(土)から5月6(月)までの10連休と発表されています。

全ての支店・出張所で、入出金・お振込・税公金等の窓口業務はお取扱いしておりません。併設されているATMコーナーについては、通常通りご利用いただけます。(各種手数料は休日のお取扱いとなります。)一部の支店では、個人のお客さまを対象に、各種ご相談業務(住宅ローン・保険・資産運用のご相談)等をお取扱いしておりますが、支店によって営業日が異なりますので、ご利用の際には、事前にご確認ください。

出典:三井住友銀行公式サイト

ただ、ゴールデンウィーク期間中でもATMの利用はできますので、今回はゴールデンウィーク期間中の急な出金や入金に利用できる銀行やコンビニのATMについて、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

ATMの時間や手数料

三井住友銀行のキャッシュカードを持っている場合は、三井住友銀行のATM、コンビニのATM、提携金融機関のATMでの利用が可能です。

三井住友銀行のATMを利用する場合

<利用時間と手数料>

4月27日(土)から5月6(火)までの10日間は、すべて土・日・祝日対応となり、最大で24時間、出金、入金とも手数料108円(消費税込)で利用可能です。

店舗によって、営業時間が異なります。
事前に利用店舗の営業時間の確認が必要です。
詳しくはこちらから→三井住友銀行店舗のご案内

1日あたりの利用限度額は、出金で50万円、振込で100万円です。

コンビニのATMを利用する場合

4月27日(土)から5月6(火)までの10日間は、ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ、等に設置されている下記ATMで24時間利用可能ですが、一部店舗によっては利用時間が異なりますので、利用する店舗での確認が必要です。

<利用時間と手数料>※手数料は消費税込
 
ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラなどのコンビニには、イーネットATMではないATMが設置されている場合があります。イーネットATM以外のATMではサービス内容が異なりますので、「ATM画面の案内表示」をご確認が必要です。
また、セブン銀行ATMでは振込は出来ません。

コンビニでは基本24時間の利用が可能ですので、ゴールデンウィーク期間中は手数料は掛かりますが、やはりコンビニは便利です。

1日あたりの利用限度額は、出金、振込とも20万円です。

エキナカATM「VIEW ALTTE」を利用する場合

JR東日本の駅を中心に設置されているATMで、株式会社ビューカードが提供しています。

<利用時間と手数料>※手数料は消費税込

利用時間は最長営業時間店舗でのものであり、各店舗により営業時間が異なります。また、平日・土曜の23:55~翌0:05、毎週日曜21:00~翌月曜7:00はATMは利用できません。

1日あたりの利用限度額は、出金のみで20万円です。

ゆうちょ銀行ATMを利用する場合

ゆうちょ銀行に設置されているATMで、ファミリーマートに設置されているゆうちょATMとは利用時間が異なります。

<利用時間と手数料>※手数料は消費税込

利用時間は最長営業時間店舗でのものであり、各店舗により営業時間が異なります。また、平日・土曜の23:55~翌0:05、毎週日曜・祝日の21:00~翌日7:00はATMは利用できません。
1日あたりの利用限度額は、出金の場合50万円以内です。

まとめ

ゴールデンウィーク期間中は、旅行先などで思わぬ出費も増えそうですね。

そんな時でも、三井住友銀行のキャッシュカードあれば、三井住友銀行のATM、コンビニのATMなどで、ゴールデンウィーク期間中でも安心して出金や振込もできます。

ご紹介したように、利用するATMや同じATMでも営業時間が違ったりするので、事前に確認しておきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます!

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました